MENU

妊娠線予防にニベアじゃダメ!?専用のクリームを使ったほうが良い理由

 

保湿クリームの王道「ニベア」

 

 

妊娠線予防は保湿が大切ってことで、とりあえず手に入りやすい市販のボディクリームを使う人も多いと思います。

 

 

わかります。
コスパ的に考えたら断然お安くなりますもんね。

 

あの有名なニベア青缶も妊娠線予防クリームとして使う人が多いだろう代表的な保湿クリームの一つ。
私も使用感とか塗った翌日のもちもち感とか大好きで、常備してますよ〜。

 

でも、コスパ重視の私でも、妊娠線予防クリームとしては使ってないんです。

 

 

それはなぜか?

 

 

 

ズバリ言うと、

 

 

 

 

「後悔したくないから」

 

です。

 

 

いや、わかってるんですよ?

 

専用クリームだろうが市販クリームだろうが、言ってしまえば保湿しようがしまいが妊娠線ってできるときはできるしできないときはできないって。

 

遺伝とかも関係するっていうじゃないですか。

 

 

 

でもね、だからといって妥協してニベアとかで保湿したとして、もし妊娠線ができちゃったら・・・

 

 

「あ〜、やっぱり専用のものの方が良かったんかな〜。これ、もし専用のやつ使ってたらできひんかったんちゃうんかな〜」

 

 

って絶対感じると思うんですよ、絶対。(大切なことなので2回言いました)

 

 

そ〜れ〜は〜激しく嫌じゃないですか。

 

 

まだね、専用のものをちゃんとしっかり使ってたのに妊娠線できちゃったなら諦めがつくと思うんですよ。
<b>「こんだけ頑張ってできたんやったらしゃーない。こいつはもうできる運命だったのかも」って。

 

ま、もっとケアの頻度上げておけばよかったとか、量をたっぷり使ってればよかったとか、あの時クリーム塗るの忘れてたのがダメだったのかなとか女々しく後悔するかもしれませんけどね(笑)

 

 

あと、一人で使う分には特に気にしていなかったりするんですが、お腹の赤ちゃんのためだと思うとニベアの添加物も正直少し気になったりします。

 

 

というわけで、ニベアは顔も体も使える保湿クリームとして大好きですが、妊娠線予防だけはちょっと奮発します、これからも。

 

なんてったって、できてしまうと完璧には戻りませんからね〜。

 

 

 

後悔したくない人には、やっぱ妊娠線予防専用のクリームやオイルをオススメします!

 

 

 

⇒3つの妊娠線予防アイテムを使ってみて、個人的に一番ヒットしたのは・・・こちら!

 

関連ページ

妊娠線予防はいつから?できやすい人の特徴は?早めがベター大きくなってからじゃ遅いお腹ケア
妊娠線予防はいつから始めるのがいいのか、また、できやすい人の特徴などをお伝えします。
このページの先頭へ